ソニー労働組合ホームページにようこそ。

ソニー労働組合は一人一人の組合員のために活動しています。

追い出し部屋・追い出し出向なくせ!

社員から仕事を取り上げ、自己啓発や単純作業の繰り返しで自主退職に追い込む追い出し部屋。ソニーは人事部門にキャリア開発部門をつくるなどしてきましたが、労働者のたたかいと批判を浴びて2010年代半ばに廃止。その機能と配属者を人事部EC人事課に移し、現在はソニーテクノクリエイト(以下STC)に集約しています。PDF業務や職場応援など通常とは異なる働き方で、実態は「追い出し出向」といえます。

通常のオフィスのなかで、まわりからは認識されにくい状態ですが、陰湿な「いじめ」が横行しています。ソニー労組は2019春闘でも取り上げ、一人ひとりの人権を尊重し、通常職場への早期異動を要求しました。

会社はソニー労組との合意なき年金署名を中止せよ!!

2019年3月6日「年金制度改定に関する抗議書」を提出しました。

会社は、2018年12月17日「多数派組合であるソニー中央労働組合と合意に至ったため署名を開始する」

旨の通知を対象者に出しました。ソニー労働組合とは1度も団体交渉を行っていない状態あり、ソニー

労働組合を軽視した不当労働行為として会社に抗議文を出しました。

役員報酬トップは平井前社長 吉田新社長は国内9位

有価証券報告書から試算すると、平井会長の報酬は、基本報酬と業績連動報酬に12億円弱の株式退職金を加えて約21億円、ストックオプションなど含めた総報酬は27億1300万円です

会社はJob Grade制を強行しました。

会社は、ソニー労働組合と協議中である中にも関わらず、2015年4月からJob Grade制を導入しました。この制度により多くの労働者は賃下げされました。ソニー労働組合は制度の撤回を求め会社と協議を継続しています。

各支部、社内,組合員リンク

社内向けページ

組合員向けページ

仙台支部



ソニー労働組合はリストラ・賃下げとたたかいます。